ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
天狗の恩がえし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

天狗の恩がえし

作: 片山 清司
絵: 小田切恵子
出版社: アートダイジェスト

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

お茶目な天狗

「お能の絵本シリーズ」第2巻
天狗と言えば何やら怖くて恐ろしいイメージがありますが、
ここで描かれる天狗は・・・。
昔京都の東北院というお寺の杉の木で、光を放って皆を怯えさせていたトンビ。
子ども達にいじめられているところを
お坊さんに助けられます。
その夜、お坊さんを訪ねた天狗はその時の御礼をしたいと言うのですが・・。
いたずら心でひどい目に遭ったり、
御礼をしたい一心でしたことがとんでもないことになったり。
天狗の無邪気な姿が印象的でした。
きっと能では迫力のある舞台でしょうね。
それにしても、今でも大切に残されていると言われる
「天狗の羽」。
見てみたいと思いませんか?
(レイラさん 40代・ママ 男の子13歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

片山 清司さんのその他の作品

道成寺 / 舎利 韋駄天と足疾鬼 / 天鼓 天からふってきた鼓 / 玉井 海幸彦と山幸彦 / 隅田川 愛しいわが子をさがして / 海女の珠とり



『くろくまくんとしろくまくん』 小林ゆきこさんインタビュー

天狗の恩がえし

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット