貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
あっちゃんのはたけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あっちゃんのはたけ

  • 絵本
作・絵: 大西ひろみ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あっちゃんのはたけ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年04月
ISBN: 9784893256423

出版社からの紹介

野菜嫌いのあっちゃんが、野菜を好きになったそのわけは…?大好きなおばあちゃんとのふれあいを通じ、自然に接し、野菜に親しんでいく姿をユーモラスに描いたお話。

ベストレビュー

野菜を好きになって!

この本は図書館でなかなか借りる事が出来なくて、やっと読むことが出来た本です。

野菜を食べるのが嫌いなあっちゃんが、おばあちゃんと畑で胡瓜を育てる事で野菜を少しづつ好きになっていく話です。

息子も野菜の好き嫌いがはっきりしていて、嫌いな野菜が出てくるとなかなか食べてくれないけれど、この本を読んで作っている人の気持ちがわかってくれたようです。家でもミニトマトやチンゲンサイを息子とパパで育てていますが、やっぱり愛着があるらしく水やりや肥料などをやるときには進んでしてくれます。

この本を読んで息子には、もっともっと野菜を好きになって欲しいなあ。
(たれちゃんさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大西ひろみさんのその他の作品

ぐうたら道をはじめます / やさいやさいおおきくな〜れ! / あっちゃんおはよう / 水色の足ひれ / わたしのおばあちゃん / あ・し・あ・と



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

あっちゃんのはたけ

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット