ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
シーフカ・ブールカ まほうの馬
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シーフカ・ブールカ まほうの馬

  • 絵本
絵: B・ディオードロフ
訳: 松谷 さやか
再話: M・ブラートフ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「シーフカ・ブールカ まほうの馬」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784834025323

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

どこかで読んだ要素が一杯詰まった昔話

“ロシアの昔話”というのに魅かれて、中身も見ずに借りたのですが、読み始めると、おお!これは昔大好きで何度も読んでもらった『せむしの子馬』ではないか?と思いました。
けれど読み進めると、展開が違うのです。
3人の息子という設定と、金色の馬が毎夜畑を荒らすというエピソードが同じだけでした。
また、主人公は“イワンのばか”と呼ばれているのですが、『イワンのばか』というお話とは別のものでした。
ロシアの昔話では、『ガラスめだまときんのつののヤギ』と『きつねとうさぎ』の展開がそっくりだったので、結構昔話って、たどっていけば、根っこが同じということが多いのかもしれません。
さて、お話は、昔話によくあるパターンの3人兄弟の末っ子の昇進物語です。
馬鹿者扱いされている末っ子が、運がいいだけではなく、自分でも機転を利かせて状況を上手く乗り切っていますし、なかなか愛嬌があって、応援したくなる人物設定でした。
文章量も多いのに、次男も最後までよく聞いていました。
いろいろ考えるようになった娘は、「なぜお姫様はいつもとても美しいという設定なのか」「○○ができた者と姫を結婚させるというおふれなんか出して、○○の技術だけ持ってて物凄く性格の悪い男が来たらどうするんだろう」などと、突っ込んでいました。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳)

出版社おすすめ


M・ブラートフさんのその他の作品

なぞなぞ100このほん / およめにいった三人のむすめ / マーシャとくま

B・ディオードロフさんのその他の作品

トルストイの民話

松谷 さやかさんのその他の作品

イワーシェチカと白い鳥 / 海と灯台の本 / うっかりもののまほうつかい / なにに なろうかな? / ことりのゆうびんやさん / イグアノドンとちいさなともだち



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

シーフカ・ブールカ まほうの馬

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット