となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【フェア開催中!】入園、入学、進級のお祝いにオススメのグッズ、セットを集めました♪
ぞうを つくる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぞうを つくる

作・絵: 三沢厚彦
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 2006年11月

5才〜6才向き
かがくのとも 2006年11月号

出版社からの紹介

運び込まれたたくさんの楠の丸太。それらを製材すると、たくさんの大きな板が出来ました。それを切って、並べて、組んで、積んで、削って、重ねて、彫って、彫って、彫って……。完成したのは、1頭のぞう。木彫でネコ、イヌ、ブタなどさまざまな動物作品をつくっている彫刻家による、実物大のぞうの制作過程を追った写真絵本です。

ベストレビュー

子供が夢中になっていました。

木で象の像を作っている写真絵本。
実際に、作っているというところが驚きです。
読み始めると・・・いつページめくる?って聞きたくなるくらい、熱中して見つめています。
実際に作っているところを、順を追って写真にしてあるので、頭の中で創造しているのでしょうか?
私が思っていたよりも、ずっと、熱中して、夢中になって見つめているのです。

ここまで大きいのは正直困りますが・・・・。
こういう工作(?)を楽しむころに、また、見るのかもしれないな〜と思いました。
(れんげKさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子6歳)

出版社おすすめ


三沢厚彦さんのその他の作品

しっぽ しっぽ / 動物たち



『おやすみ、エレン』快眠セラピスト三橋美穂さんインタビュー

ぞうを つくる

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット