しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ぼくねむれないよ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくねむれないよ!

  • 絵本
作・絵: ミレイユ・ダランセ
訳: あおやぎ ひでゆき
出版社: 朔北社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ひつじ、オオカミ、りょうし等、お馴染みのキャラクターが登場しますが、昔話とはひとあじ違う、楽しくてちょっと不思議な絵本です。やわらかな絵で親子の関係を優しく問いかけます。

ベストレビュー

眠りたいなら?

寝る前に本を読んでいるってのに、読む本が
「ぼくねむれないよ!」
なんか変な感じもしますが、とりあえず読んでみました。

眠れないぼくが、パパに「どうしたらねむれるの?」って聞きます。

パパは新聞を読みながら、不機嫌そうに
「ベッドにもどってひつじをかぞえてごらん」って答えます。

なので、数えてみると…ベッドの周りにひつじがいっぱい!

何これ〜!!眠そうだった息子たちも目がパッチリ!

パパに、ひつじがうるさいって言いに行ったら…
「おおかみでも呼んでごらん。かんたんさ」

でも、ひつじを食べたオオカミが大いびきで・・・。

眠れないぼくとは対照的に、パパはどんどん眠そうになっていきます。

パパの助言で、どんどん大変なことになってってしまいますが…
あることですっかり解決しちゃいます。

そうだよね、眠れないときはアレをやるといいのかも。

現在、我が家では扇風機がフル活動してて、
これを使ってその必殺技をやってます。

眠れない?いいえ、爆睡です。
(わにぼうさん 40代・ママ 男の子10歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ミレイユ・ダランセさんのその他の作品

イゴールの金のすず / いつまでねてるレオンちゃん / ちびけちゃんにもやらせて! / ごめんねボスコ



『BigBook ふしぎのくにのアリス』 <br>藤本真央さんインタビュー

ぼくねむれないよ!

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット