くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
アンジェリーナとおうじょさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アンジェリーナとおうじょさま

作: ヘレン・クレイグ キャサリン・ホラバード
絵: ヘレン・クレイグ キャサリン・ホラバード
訳: きたむら まさお
出版社: 大日本絵画 大日本絵画の特集ページがあります!

本体価格: ¥980 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「アンジェリーナとおうじょさま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

バレエ学校で、おうじょさまをおまねきして、バレエの発表会が開かれることになりました。 ところが、審査会の日アンジェリーナは熱をだしてしまいました。 けれどもアンジェリーナは、おかあさんのいないすき・・・・・・・。

ベストレビュー

初めての挫折?

バレエが大好きアンジェリーナのシリーズです。

バレエをはじめたときからとても上手だったアンジェリーナ。
初舞台もみごとにこなして、長女にとっては雲の上の存在。

でも今回のアンジェリーナは・・・配役を決める前の晩
夜遅くまで練習しすぎて熱をだしてしまいます。

熱を押して、ママにナイショで教室に行きますが、結果は散々。
その他の役になり、バレエをやめると言い出します。

でもそのときのママの台詞がいいです。
「ふつうのやくも一生懸命やればそれがバレエ全体をよくすることになるのよ」と。
さすがアンジェリーナのママですね!

ラストではアクシデントがあり、アンジェリーナはたなぼたが♪

私はアンジェリーナがちょっと上手くいき過ぎだと思うのですが
長女はその辺のことは一切気にしてはいないようで
バレエのステージや、衣装やおうじょさまなどに見入っています。
(うららさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヘレン・クレイグさんのその他の作品

消えた犬と野原の魔法 / ひとりでおとまりしたよるに / アンジェリーナのはるまつり / アンジェリーナのバースデイ / ブラボー!アンジェリーナ アンジェリーナの劇場しかけえほん / アンジェリーナはスケーター

キャサリン・ホラバードさんのその他の作品

(アンジェリーナ ミニ)アンジェリーナはバレリーナ / (アンジェリーナ ミニ)アンジェリーナはじめてのステージ / (アンジェリーナ ミニ)アンジェリーナのクリスマス / アンジェリーナミニbox(3巻セット) / アンジェリーナの ハロウィーン / アンジェリーナ おねえさんに なる

きたむら まさおさんのその他の作品

サマー / わたしのこうぐばこ / こうじしゃりょうのえほん / どうぶつえんのハロウィン / したには なにがある? / ワインドアップでゴー!せんろはつづくよ



日本出版10周年記念! アリスン・マギーさんインタビュー

アンジェリーナとおうじょさま

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット