新刊
みんなのいえ

みんなのいえ(文溪堂)

たしろちさとさんデビュー作が待望の単行本化!

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ベンジーとはずかしがりやのフィフィ

ベンジーとはずかしがりやのフィフィ

  • 絵本
作・絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: わたなべ てつた
出版社: アリス館

税込価格: ¥1,540

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年08月
ISBN: 9784752003403

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

『どろんこハリー』(福音館書店)の作家が贈る、幻の「ベンジー」シリーズ未訳3部作第2弾!
ベンジーのおとなりに住む、内気なプードル犬フィフィは、ベンジーといっしょにドッグショーに行くことになりました。
でもフィフィは、とてもはずかしがりや。たくさんの犬が集まるドッグショーは、恐くてたまりません。
さて、ドッグショーで、いったい何が起こるのでしょうか…?

ベンジーとはずかしがりやのフィフィ

ベストレビュー

犬のコンテスト

『どろんこハリー』でおなじみのマーガレット・ブロイ・グレアムさんが、
子どもの頃飼っていた犬をモデルにしたベンジーシリーズの1冊。
今回はお隣の家の飼い犬、プードル犬のフィフィと
犬のコンテスト会場で起こした騒動。
恥ずかしがりやのフィフィは飼い主のジョーンズさんが
ヘアスプレーを取りに行っているあいだに心細くなり、
綱を引っ張っているうちにテーブルから落ちて宙吊り!
すんでのところでベンジーの機転で綱を噛み切ってもらいますが、
慌てたフィフィは会場を走り出します。
追いかけるベンジー。
最後はめでたしめでたしなんですが、
コンテストよりもフィフィの無事が何より、というジョーンズおばさんに
ほっこり。
フィフィもちょっぴり成長したようですね。
飼い犬がいることで、なんて幸せな表情の家族!
そういえば、犬のコンテスト会場も圧巻。
犬をかわいがっている人々の表情がいいですね。
(レイラさん 40代・ママ 男の子13歳、男の子10歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,540円
1,430円
1,430円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
3,850円
3,300円
4,730円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

ベンジーとはずかしがりやのフィフィ

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら