十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
リリアン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リリアン

作: 山田 太一
絵: 黒井 健
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リリアン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

山田太一氏初の大人のための書き下ろし絵本
「このマルの中にはいっちゃダメ」。6歳の男の子は、自分の描いた円陣の中に他人が入ることを強く拒否した。作家であり脚本家の山田太一氏が、初めて挑んだ絵本の世界。自らの幼児体験をもとに、60年ほど前の古き良き下町の風景を綴った作品です。友の死を受け入れることができず、自分の世界、殻にとじこもる男の子に、不思議な少女が近づいていきます。そばには怖そうな大男がついています。この少女たちは、いったい誰なのでしょうか―。幼い男の子の心の中を山田太一氏がノスタルジックに書ききり、人気作家・黒井健氏がその心象風景を見事に描ききりました。

ベストレビュー

大人の為に描かれた世界なのかしら・・・

とても有名な脚本家・作家の山田さんの初絵本作品。黒井さんの絵が大好きなこともあり、興味津々でじっくり読ませていただきました。

映画でもノスタルジックな昭和の世界が繰り広げられていますが、この絵本も60年以上前の東京の路地が舞台で、チョークで丸を描いている少年が主人公です。まるでぬりえから抜け出たような、外国のお人形さんのような女の子が声を掛けてきます。そのやりとりと、男の子の心理描写が魅力で、怖そうな大男の存在も謎。

現実と想像の世界を行ったり来たり出来る、子どもの時代ならではの感覚なのかもしれません。
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

黒井 健さんのその他の作品

紙芝居 だっこ だっこ / みどりのはしご / あきいろのころわん / おつきみ / アンティーク・シオンの小さなきせき / ありがとうの道



『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

リリアン

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット