十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
猿蟹合戦
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

猿蟹合戦

  • 絵本
作: 千葉 幹夫
絵: 井川 洗涯
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「猿蟹合戦」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784061482555

B5判 48ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

小学校の読み聞かせでも堪能でる昔話

私の最近のお気に入りの、新・講談社の絵本シリーズの一冊。21世紀に残したい珠玉の名作が揃っていてお奨めです。
この絵本もそうなのですが、かつての有名な日本画家の先生が素晴らしい挿絵を描いている秀作の日本昔話です。
猿が悪知恵を働かせて、蟹のおにぎりを柿の種とまんまと交換したのですが、いざ、柿の種が育ち、たわわの実がなると、今度は、柿の実を採るのを頼まれたのをいいことに、蟹に渋い青柿しか採ってあげず、しまいには、柿の実を投げつけて大怪我をさせてしまいます。もうこれは現代にも繋がる弱いものいじめの見本といえるでしょう。
しかし、昔話の良いところは、やはり子供にもわかるように、戒めをこめた結末で終わるところです。
最後には、素直に手を突いて心から謝ります。捕まって終わりではなく、悪いことをしたら、きちんと謝る姿を子供たちに手本として示してくれています。ここがすばらしいし、大事なことだと思います。
勧善懲悪がはっきりとしていて、読後に気持ちがスッキリするので、子供たちの心にも安定感与えてくれるのではないでしょうか。

はやく芽をだせ、
かきのたね。
ださぬと、
はさみでちょんぎるぞ。

の一節は、リズミカルな繰り返しがあり、読んでいて楽しい文章です。
低学年の読み聞かせに、読ませていただきましたが、知っている子も多いこの話、でも、やはりじっくりと聞き入ってくれる魅力ある絵本です。
(はなしんさん 30代・ママ 女の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


千葉 幹夫さんのその他の作品

妖怪かるた / 楽しい絵本のつくりかた 絵本づくりのきほん・アイデアがたっぷり! / 新版 母と子のおやすみまえの小さなお話365 / 日本名作おはなし絵本 さんまいのおふだ / 日本名作おはなし絵本 はなたれこぞうさま / 母と子のおやすみまえの小さなお話365



ハッピーなおやすみのえほん!

猿蟹合戦

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット