宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ぐろう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぐろう

作: 佐川 美代太郎
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

ベストレビュー

夢を追い求めて得た喜びに感動!

ずいぶん 前に読んだ絵本です。
その時の感動が 今また 現れました!

絵は白黒で、鉛筆書きのようです。それがまたおだやかで 優しくて落ち着くのです。
カラーテレビでなく、白黒のよさににています。

ひょうたんから生まれた、四人の子供たち元気いっぱいの子供たちに、ある日 仙人が、「ひとりひとり 何になりたいか いってごらん。 そのねがいを かなえてあげよう」
四人はそれぞれの願いをいいます。

おいしい ももを みのらせる 人。 木でりっぱな家を建てる人。 まゆからきぬ糸をとり きれいな布を作る人。
みんな 夢を持っていていいな〜

今、夢を無くしている子供がいるのです。
なぜ?子供は本来目を輝かせて、夢を持ってい来ている。
そんな子供に元気をもらうのが 大人です。

さて 四人目の のろまなぐろうは、何になりたいか?考えます。
その時、ぐろうの目にうつった 一番星「ぼくは ほしになる」
えっ!

星なんかになれるの?
なれっこないよ!
そんな 声が聞こえてきそうです。

でも ぐろうは、星になる 夢にむかって 時にはくじけそうになりながらも、追い続けるの。
ぐろうの 顔がとっても人の良さそうないいこなんです。
大好きになりました!

この絵本が好きなのは、ぐろうが好きだからです。

そんなぐろうも 星を捕まえることができず・・・
くじけるのです。
「ゆう気のない子は 弱虫には おおし山に登って 星がとれないぞ!」
仙人にそう言われて、なにくそ!
とうとう おおし山に登り 星の光を捕まえることが出来たのです。

ぐろうが目を閉じると、きれいな星が見えるのです!
そして 仙人のはからいで 天の馬に乗り 「うつくしいほしの光を せかいのすみずみまで かがやかせなさい。」と仙人に言われ  大空に とけこんでいくのです。

夢をあきらめないぐろうに 乾杯!

私も 勇気をもらえました!
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。



なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

ぐろう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット