バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
闇の夜に
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

闇の夜に

  • 絵本
作・絵: ブルーノ・ムナーリ
訳: 藤本 和子
出版社: 河出書房新社

本体価格: ¥3,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「闇の夜に」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年07月
ISBN: 9784309268200

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

夜の町から夜明けの草原へ、そして洞窟探検のあとに、また 闇の夜がやってくる――デザインの魔術師・ムナーリの代表作、ついに邦訳刊行! 五感のすべてを使い楽しむ仕掛け満載の絵本。

ベストレビュー

アリたちの好奇心、半端なかったです。

本から何かが飛び出してきたりとか、音が鳴るとか大胆な仕掛けではありませんが、仕掛け絵本です。

物語的な意味でのストーリーはありません。
こう、次々視界に入ってくる情景をカメラが収めている。みたいな流れで作られています。
前半はネコ。後半はアリたちの動きを追って…。
時は夜から朝へそして夜へと移動します。
テキスト(文)は少なめですが、ページ数が結構あります。

美術家・グラフィックデザイナーでもあったムナーリならではの世界観がすごいです。

わたしは読んでいて、ネコからアリへと視点が変わっていくシーンが一番印象的でした。
パラフィン紙ですかね。ここで一部使われている特殊な紙。
こういう透明で裏側が透けて見えるからこその技巧がすごいです。
そして、アリたちの好奇心(エサに対して?)半端なかったです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・

ブルーノ・ムナーリさんのその他の作品

3わの ことりの はなし / きいろの てじなし / みどりの てじなし / ジジは ぼうし なくした / みんな おやすみ / トック トック



死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

闇の夜に

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット