もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
はるのおつかい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるのおつかい

作: 佐々木たづ
絵: 平山 英三
出版社: チャイルド本社

本体価格: ¥333 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はるのおつかい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

心の奥がきゅーっと温かくなります

「少年とこだぬき」「子うさぎましろのお話」が好きなので、佐々木たづさんの作品に興味を持ったのですが、現在購入できて図書館にも置いてあるというのは、この二作品に限られており、非常に残念に思っていました。

今回、おはなしチャイルドのリクエストシリーズ三月号で、佐々木さんの「はるのおつかい」が出ていることを知り、書店で取り寄せてもらいました。

山の上の小屋に住むおじいさんのところにはまだ春がやって来ていません。おじいさんはひざを痛めていて温かい春が来るのを待っているのです。

そんなおじいさんに、こりすは「はるのしるし」を届けてあげたいと思うのです。

この心意気がとても優しく温かく心に響いています。

そんなこりすの気持ちは「はやく しなければならない、たのしい しごとがあるように こりすは、えだから えだへと みがるに つたって」ととても端的に表わされています。

こりすが見つけた「はるのしるし」とは?

おじいさんとこりすの温かい心の交流にとても心が温かくなります。

お互いの気持ちが伝わり合う瞬間というのがとても美しく描き出されている作品だと思います。

派手さはありませんが、心の奥がきゅーっと温かくなります。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

佐々木たづさんのその他の作品

少年と子だぬき / 偕成社文庫 ロバータさあ歩きましょう / 子うさぎましろのお話

平山 英三さんのその他の作品

ももと こだぬき / だんごをなくしたおばあさん / 落ち葉 / いちごつみ  / 少年動物誌 / おにぎり



お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

はるのおつかい

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット