しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
うさぎのみみはなぜながい メキシコ民話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うさぎのみみはなぜながい メキシコ民話

  • 絵本
作・絵: 北川民次
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1962年
ISBN: 9784834000078

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

むかしむかしのこと、「大きな体にしてください」とウサギは神様に願ったのでしたが……。メキシコで絵を描きつづけた北川民次による、素朴で骨太な味わいの一級の昔話絵本。

ベストレビュー

そうだったのか!

うさぎは、自分が小さくていつも森の動物にいじめられていたので、神様に、もっと大きくしてほしいと頼む。神様は、とらとわにとさるの皮を持ってきたら、かなえてやると言います。
うさぎは、知恵を使い3匹の皮をとり、神様のもとへ。神様は、こんなに頭のいいうさぎを大きくすれば他の動物をいじめるだろうと、耳だけを長くした。というメキシコの昔話です。

小さいうさぎが、知恵と自分の得意なことを生かして大きな動物をつぎつぎ打ち負かしていくところが痛快です。
でも、神様はうさぎとの約束をちゃんとは、守っていないな?と思ったり、うさぎは耳だけ長くしてもらって、納得がいったのか?疑問も残ります。
3回繰り返すところ、ちょっと残酷な所も淡々と事実だけを語るところは、昔話共通でしょうか?興味深いです。
(ほかほかぱんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『くろくんとちいさいしろくん』発売記念  イベントレポート&インタビュー!

うさぎのみみはなぜながい メキシコ民話

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.76

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット