にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ピヨピヨだあれ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピヨピヨだあれ?

  • 絵本
作・絵: いりやま さとし
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥580 +税

「ピヨピヨだあれ?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年07月
ISBN: 9784052025907

乳幼児
サイズ:141×140 16頁

関連するスペシャルコンテンツ


いりやまさとしさんにインタビューしました!

(デジタル)体験する絵本アプリ『ぴよちゃんの おともだち』 for iPad/iPhone

出版社からの紹介

ワンワン、ニャーニャー、穴からのぞいてる動物さんはだあれ? 最後に赤ちゃんの大好きな鏡が登場。鏡を指してぴよちゃんが「これはだあれ?」と問いかけます。「●●ちゃん!」とお子さんの名まえを呼んであげればオリジナル絵本に。楽しい工夫がいっぱい。

ベストレビュー

鏡もついている仕掛け絵本です

厚手の紙でできており、赤ちゃん向けです。
窓から次のページに書かれてある動物の一部が見えており、「だあれ?」と言ってめくっていく仕掛け絵本です。
最後のページは鏡になっていて、「これはだあれ?」と言って見ると自分の顔がうつるのです。
11ヶ月の娘は、この絵本が一番のお気に入りで、私のひざの上に本を投げて催促します。
わんわん、にゃあにゃあと鳴き声もでてくるので、言葉を覚え始めた娘は興味をもっているようです。
最後の鏡のページでは、のぞきこんで自分の顔をみてニコニコ喜んでいます。
子供が自分でも楽しめるし、とてもお勧めな一冊です。
(颯・栞ママさん 20代・ママ 男の子3歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いりやま さとしさんのその他の作品

パンダおやこたいそう / パンダ なりきりたいそう / パンダ ともだちたいそう / ふわふわだあれ? / ピヨピヨだあれ? / とびだすいないいないばあ!



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

ピヨピヨだあれ?

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.66

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ

パパの声 1人

パパの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット