しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
二十六夜まいり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

二十六夜まいり

作: 武田 鉄矢
絵: 黒井 健
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,170 +税

「二十六夜まいり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

九州の南端、開聞岳のふもとには、美しいお花畑が広がっています。村の人はこれを「特攻花」と呼んで、大切にしています。武田鉄矢が実話をもとに書きおこした戦争童話。戦争の悲惨さを静かに語りかける作品です。

ベストレビュー

生命の尊重を伝える

8月になると日本は敗戦を振り返る式典や催しが各地で行われます。この絵本は2000年8月6日に、武田さんの読み聞かせと黒井さんの絵のスライドをみて購入し、お二人からサインをしていただきました。「特攻花」のいわれを、武田さんが金八先生よろしく読んで下さり、私は涙が止まりませんでした。(一緒に行った20歳の教え子は寝ていました…)

若い命が自身の意志ではなく戦争のために、「お国のため」というスローガンのもと、たくさんたくさん散っていった時代があったのでした。海軍非行予備学生として学徒出陣した父にもこの絵本を贈りました。読んでくれたのかどうかわかりませんが、今も実家の本棚にあります。

小学校の高学年くらいになったらぜひ読んでほしいと思います。命を大切にすることは誰でもわかっていますが、大切に出来ない子どもが後を絶たない今、色々な側面から『生命を尊重すること・尊厳』を理解して、忘れてはならないことを伝えていってもらいたいと思います。

特攻隊の生き残りとして毎年慰霊祭に参加していた父も4月に亡くなりました。
(こぶた文庫さん 50代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

武田 鉄矢さんのその他の作品

夏のクリスマスツリー / 月がのぼるまでに

黒井 健さんのその他の作品

みどりのはしご / あきいろのころわん / おつきみ / アンティーク・シオンの小さなきせき / ありがとうの道 / なかないで なかないで



すべてのおとなとこどもに贈ります

二十六夜まいり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット