ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
のら犬ウィリー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

のら犬ウィリー

  • 絵本
作・絵: マーク・シーモント
訳: みはら いずみ
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「のら犬ウィリー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784751519851

幼児〜小学校中学年

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

コルデコット賞作家シーモントが、友人から聞いた実話を元につくりあげた、「読み聞かせ」にぴったりの、心あたたまる傑作絵本!

ベストレビュー

ほのぼのさせてくれる実話です

マーク・シーモントの2001年の作品ですが、誕生が1915年とありますから、86歳の時ということなのでしょうか?

マーク・シーモントと言えば、今のベストセラーの「はなをくんくん」が1949年の作品で、コルデコット賞オナーを受賞。
さらに、1957年に「木はいいなあ」の絵でコルデコット賞を受賞しています。
(因みに「木はいいなあ」の作は「きみなんかだいきらい」のジャニス・メイ・ユードリー)

そんな著名な作品から50年も経た今も、こんなに素晴らしい作品を手掛けるなんて感嘆に値します。

お話しは、1983年に友人のサッサ・レイコさんから聞いた実話だそうで、家族でピクニックにいくところから始まります。
その公園?でバーベキューをしている時に出会うのが、のら犬ウィリーです。
楽しく遊ぶのですが、連れてかえる訳にはいきません。
でも、家族全員がウィリーと別れてから何も手につかない状態になってしまい、また同じ公園?に1週間後に訪れます。
その間の、家族の心情の描き方が絶品です。
そして、またウィリーと出会えるのですが、そこにはハプニングがあって素晴らしい展開が繰り広げられるのです。

この家族は、ウィリーと出会うして出会ったのでしょうね。
8歳になったばかりの長男も、久しぶりに楽しい絵本だったと言っていましたが、読み手、聞き手を選ばない作品で是非オススメしたいと思います。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マーク・シーモントさんのその他の作品

ウォーリーと 16人のギャング / ぼくはめいたんてい(11) ペット・コンテストは大さわぎ(新装版) / ぼくはめいたんてい(12) だいじなはこをとりかえせ(新装版) / ぼくはめいたんてい(10) 2るいベースがぬすまれた?!(新装版) / ぼくはめいたんてい(9) ねむいねむいじけん(新装版) / ぼくはめいたんてい(8) きえた草のなぞ(新装版)

みはら いずみさんのその他の作品

北極の宝もの / ねずみのオスカーとはるのおくりもの / モグラくんがみた おひさま / おじいちゃんとテオのすてきな庭 / 車りんのウィリー / 野はらの音楽家マヌエロ



『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

のら犬ウィリー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット