雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
にんぎょひめのなみだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にんぎょひめのなみだ

  • 絵本
作・絵: やなせ たかし
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「にんぎょひめのなみだ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年09月
ISBN: 9784577032329

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

人魚のサニーは銀色ヒトデの髪飾りで人間の女の子に生まれ変わりますが、それが原因で海の怪獣ゴロンゴラが目を覚ましてしまって大暴れ。アンパンマンはサニーを助けられるでしょうか。

ベストレビュー

ちょっと難しいかな

サイズの小さい絵本だったので、図書館の小さな子向けのコーナーにあり、初めは2歳の娘の方が持ってきました。

が、実際に読んで聞いていたのは5歳の娘のほうです。ストーリーも長めで、小さい子には難しいと思います。

有名な「人魚姫」のアンパンマン版です。しょくぱんまんが王子様という役どころで、うみの怪獣ゴロンゴラとのたたかいで、アンパンマンたちがヒトデに変えられてもたたかい続けるシーンが見どころです。

にんぎょひめのサニーが、もとの姿に戻り、夕日のなかアンパンマンたちを見送る切ない場面で終わりますが、子どもにはこの切なさが伝わったかな?

アンパンマンは、絵を見るだけでも喜ぶので、2歳の子もそれなりに楽しむことはできたようですが、内容を理解するには5歳の子でやっとかな、という感じでした。
(solicaさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


やなせ たかしさんのその他の作品

アンパンマンとカードでピッ♪ / アンパンマン ミニシールえほん のりもの / アンパンマン ミニシールえほん どうぶつ / それいけ!アンパンマンアニメライブラリ−アンパンマンと しらたまきしだん / さわってあてっこ! タッチタッチアンパンマン / マイクでうたおう!アンパンマンうたえほん



『ぼーるとぼくとくも』 加藤休ミさん インタビュー!

にんぎょひめのなみだ

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86




全ページためしよみ
年齢別絵本セット