よるのわがしやさん よるのわがしやさん よるのわがしやさんの試し読みができます!
文: 穂高 順也 絵: 青山 友美  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
和菓子屋の5人(個?)の和菓子たちが、洋菓子屋をていさつに!?
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
さよなら動物園
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さよなら動物園

  • 絵本
作: 桂三枝
絵: 黒田 征太郎
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「さよなら動物園」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年08月
ISBN: 9784861930447

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

シリーズ5作目の『ワニ』と同じく、本編も動物園が舞台であります。動物園といえば旭山動物園(旭川市)が一躍脚光を浴びてからというもの、ほかの動物園も負けてたまるかとばかりに、いろいろと工夫をこらしている様子だとか。
しかし世の中、そんなやる気のある動物園ばかりではないようでして……

ベストレビュー

人間のオモチャという言葉が胸にささった

桂三枝先生の落語絵本シリーズは環境をテーマにしていて、小さい子供さんはわかりにくいのじゃないかなと思います。読ますから環境がそろそろわかってきた9歳、10歳の子どもたちがいいんじゃないかなと思います。
舞台は閉鎖される前の動物園、情報仕入れ係りのチンパンジーがゴリラの関西弁で話かけてきてきます。深刻な話なのだけど、2頭が関西弁で話すので少しは場を和らげる効果はあったのでしょう。チンパンジーとゴリラの会話はむねをちくちくさします。そして決定的なのが、大文字に書かれている「人間のオモチャみたいじゃないですか」確かに私たちは動物の考えが言葉ではわかりません。動物園にいるのは他の国で捕獲した動物を飼育しています。もともとは野生だったものを研究のため子供に喜ばすためとつれてきています。
「人間のオモチャ」となっていますね。でもそれをどうすることもできないのですよね。
どうしたらいいでしょう。今後何回か姪っ子とお話して回答ができたいいなと思います。
シリアスな絵本だったけど、最後のおちもぴりりと効いているものの笑えます。
(doruさん 40代・その他の方 姪10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


桂三枝さんのその他の作品

峠の狸レストラン / 桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス / 桂三枝の落語絵本シリーズ(5) ワニ / 桂三枝の落語絵本シリーズ(4) 考える豚 / 桂三枝の落語絵本シリーズ(3) 悲しい犬やねん / 桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛

黒田 征太郎さんのその他の作品

マーゴットのお城 / マーゴット / 「マーゴット」と「マーゴットのお城」(全2冊セット) 英訳付き / 拝啓 サクラさく / 岩になった鯨 / 水の話



子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

さよなら動物園

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット