宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
ピカピカのぎろちょん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピカピカのぎろちょん

作: 佐野美津男
絵: 中村宏
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ピカピカのぎろちょん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ある日、突然、異変は起きた。学校が休みになり、道路は封鎖され、テレビには何も映らず、新聞も配達されない・・・、そして街の広場にはバリケードが築かれ、中心には不気味なギロチンが設置されていた。すべては「ピロピロ」が侵入してきたせいだというが・・・。

一度読んだものにはトラウマにも似た強烈なインパクトを残したが、その後永らく絶版状態が続き、まさに「幻の作品」となっていた本書。画家・中村宏による挿絵も秀逸です。

ただシュールなだけではない、何とも不思議な魅力を持った作品です。

ベストレビュー

すごく面白くて熱中しちゃいました!

児童書なんですが、投稿させていただきます。

ブログのお友達が紹介されていて、すごく興味を持って、手に取りました。

子供には・・・・ちょっと早いかな?
ということで、私だけが楽しみました。

訳がわからないけど・・・すごく面白いんです!
ただ・・・読み聞かせには、ちょっと・・・といった感じでした。
だって、ドキドキしちゃって・・・・。
これは、一人で楽しみたい本!と思ってしまいました。
子供たちも、このくらいの本をじっくりと読めるようになったら、
さりげなく紹介してあげようと思っています。

でも・・・謎が謎のまま残っているので、正直、読んだ後も気になります。
もっとも、キレイにまとまっているので、気になってもだえてしまう事はありませんが・・・。
(れんげKさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

佐野美津男さんのその他の作品

普及版 ピカピカのぎろちょん / なっちゃう

中村宏さんのその他の作品

フォア文庫 消えた2ページ / 海がぼくをよんでいる



そらから「ぼふ〜ん」と落ちてきたのは巨大なホットケーキ!

ピカピカのぎろちょん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット