虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まゆみんみんさん 40代・ママ

すごい!
こちらの絵本,子供が見てももちろんです…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
もしもまほうがつかえたら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もしもまほうがつかえたら

作: ロバート・グレイブス
絵: モーリス・センダック
訳: 原もと子
出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

「もしもまほうがつかえたら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1984年
ISBN: 9784572002815

小学校低学年から
220×154mm・64p

出版社からの紹介

ある日ジャックは、屋根裏で大きな緑色の本を見つけました。
それは、なんと魔法の本だったのです。学校へ行きたくないと思ったジャックが、
おじいさんに変身すると、次から次へとゆかいなことが起こります。

ベストレビュー

ジャックの願い

タイトルは「もしもまほうがつかえたら」っていうタイトルだから、ジャックの願望ですね。
原題は「The Big Green Book(大きな緑の本)」なのに、センダックが色を使っていないのも不思議ですね。

お父さん、お母さんを亡くしておじさん夫婦に育てられているジャック。
思い切り甘えることができず、おじさん夫婦とのコミュニケーションもうまくとれず、ストレスを抱え込んでいるようです。
そんなジャックが、屋根裏部屋で魔法の使い方を書いた大きな緑の本を見つけます。
魔法が使えたから楽しくなりました。
魔法でいろいろなことを始めます。
そうか〜、そんなことがやりたかったのか〜。
きっと寂しいんですよね。
おじさん夫婦を困らせるくらい遊びたいんですよね。

お話は思いがかなったところで「おしまい」。
でも、タイトルには「もしも…」ってあるから、本当のおしまいじゃないんですよね。
子どもには思い切り満足してほしい絵本ですが、大人にとってはちょっぴり考えさせられるお話。
自分が子どもの家来になるまで付き合うのは難しいけれど、子どもの願いにつきあってあげるのも大切ですよね。

もしも自分の家に緑の大きな本があったら、先に読んでおきましょう。


(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


モーリス・センダックさんのその他の作品

ちょうちょのために ドアをあけよう / とてもとてもサーカスなフロラ / わたしの兄の本  / そんなときどうする? / バンブルアーディ / そんなときなんていう?



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

もしもまほうがつかえたら

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット