ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【おまとめ買いにも♪】キュートなこぐまちゃんソックスは、ちょっとしたプレゼントにオススメです♪
ちいさなくれよん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさなくれよん

  • 絵本
作: 篠塚 かをり
絵: 安井 淡
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年01月
ISBN: 9784323001661

この作品が含まれるテーマ

おはなし

折れて短くなった黄色いクレヨンのおはなし。クレヨンはくずかごに捨てられてしまいますが、自分がまだまだ役に立つことを信じてくずかごを抜け出し、外の世界へ出て行きます。
子供たちに使われなくなったくつやおもちゃと出会い、クレヨンは自分の身を削って彼らをきれいな黄色に塗ってあげます。そしてクレヨンは消えそうなおほしさまを塗ってあげようと、夜空へ飛んでいくのでした。

みどころ

捨てられてしまったクレヨンですが、自分の力を信じて力強く進んでいく姿がなかなか立派です。著者は「ちびクレヨンの願い」として、このおはなしの解説を載せています。その中で、このおはなしを読んで子供たちがどのように感じたかを親と話し合っていただけたら、と述べられています。

出版社からの紹介

おれてみじかくなったきいろいくれよんがごみばこにすてられました。「ぼく、まだかけますよ。まだ、きれいにぬれますよ」おおきなこえでよんだけれど、だれもひろいにきてくれません。「そうだ。あのひろいそとへ、でてみよう。なにかぼくのやくにたつことがあるかもしれない」

ベストレビュー

たくさんの人に読んでほしい

3歳の息子に物を大事にする優しいこころを持ってほしいと思い選んだ本です。

ちょうどこの本を読む前は、クレヨンを折ってしまったりぐちゃぐちゃにしてしまっていた息子でしたが、小さなクレヨンが色んな物のために頑張って最後はお星さまに…このおはなしと出会ってクレヨンも大事に大事に使うようになりました。
これをきっかけに色んなものを大事にできるようになってほしいです。

心が温かくなるお話です。大人が読んでもいいと思うので、年齢関係なく」沢山の人に読んでほしいなと思う本です。
(寅子さん 20代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。

安井 淡さんのその他の作品

水たまりの王子さま



魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

ちいさなくれよん

みんなの声(74人)

絵本の評価(4.51

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット