もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ダヤンと銀の道
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ダヤンと銀の道

  • 絵本
作・絵: 池田 あきこ
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥950 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784592732273

B5変型判

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ダヤンがまだアルスにいた赤ちゃんだった頃のおはなしです。ある月夜の晩、ふと目を覚ましたダヤンの前に、キラキラ光る銀色のリボンが…。心優しくなれる、すてきなダヤンの絵本の登場です。 2004年11月刊。


ベストレビュー

銀色にひかるもの

真夜中に目を覚ましたダヤン。目の前に、銀色に光るものが、チラリと横切った。その後をついていくと、たくさんのカタツムリがいました。カタツムリたちは、「今夜は、銀色ネバネバの夜。ぼくらは、月を抜けて、いいところへ行く。」と言いながら、その銀色の道を登ってゆくのでした。
ダヤンはついていこうとするのですが、急ぐことはないと言われました。さて、ダヤンはどんな選択をするのでしょう。
そのいい所とは、どこをさしているのでしょうか?ダヤンが行ってもいいのでしょうか。とてもふしぎな幻想の世界です。
実際に行ってみていい所、遠くから眺める方がいい所、その選択をするのは、なかなか難しいような気がします。
また、特徴のある絵が、その世界をもっと感じさせてくれます。カタツムリの描き方、ちょっと、ドキッっとします。
(おしんさん 40代・ママ 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

池田 あきこさんのその他の作品

ねこねこたんてい なぞときダヤン バニラをすくえ!! / ダヤンと魔法の本 / さわってダヤン / 猫のダヤン 100 POSTCARDS BOOK / 猫のダヤンダヤンと仲間たちの大人のぬりえBOOK / 猫のダヤンマルチに使えるショルダーバッグBOOK



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

ダヤンと銀の道

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット