うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
ラーバンとラボリーナの「はあい、いますぐ」
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ラーバンとラボリーナの「はあい、いますぐ」

  • 絵本
作: インゲル・サンドベリ
絵: ラッセ・サンドベリ
訳: きむら ゆりこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「ラーバンとラボリーナの「はあい、いますぐ」」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784591094822

5歳〜

みどころ

 スウェーデン生まれのおばけの一家、ラーバンとラボリーナのシリーズの2冊目です。
やんちゃな兄弟、ラーバンとラボリーナはおやつに赤いジャムと青いジャム(!)を食べてしみができてしまいます。おかあさんに「おふろにはいりなさい。」と言われて二人は「はぁい、いますぐ。」返事をしながら遊びに行ってしまいます。ボールで遊んだり、犬とじゃれあったり、お絵描きしたり。真っ白なおばけの体はどんどん色々な色のしみでいっぱいになっていきます。まるで真っ白なキャンパスに絵が描かれていく様にも見えるけど・・・。どんどん、どんどん色は増えていきます。
 「おふろにはいりなさい。」「はぁい、いますぐ。」
とうとう二人はほとんど真っ黒に。何をしたのでしょう。そしてやっとおふろに入った時にはおふろの色が・・・。

 味のある線に、発色豊かな色。そこに軽快なコラージュ写真が組み合わさって何とも独特な絵の世界。このお話は特にその雰囲気がマッチして印象的な場面がたくさんあるように思います。可愛いおばけのお話と、デザイン的な面白さの両面から楽しめて大人もちょっと集めたくなっちゃうような絵本ですね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

ラーバンとラボリーナは、かわいいおばけの兄妹。たくさん遊んでよごれてしまったふたりに、ママおばけが「はやくおふろに入りなさい!」と言いますが・・・。

ベストレビュー

シリーズ

同主人公が登場する作品を以前にも読んだことがあり親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。とても可愛らしい主人公達にうっとりしました。特にまつげの描き方が気に入りました。お母さんが大らかなのがよいと思いました。主人公が楽しい時間を作り出す天才なのが素晴らしいと思いました。スウェーデン語を学びたくなりました。
(ぴょーん爺の娘さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


インゲル・サンドベリさんのその他の作品

アンナちゃん、なにがみえた? / ラーバンとラボリーナのクリスマス / おばけのラーバン

きむら ゆりこさんのその他の作品

わたしが うまれるまで / みみりんのかいすいよく / もみの木 / ぬまばばさまのさけづくり



第12回 『あったかいな』の片山健さん

ラーバンとラボリーナの「はあい、いますぐ」

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット