宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
みんななにがすき?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんななにがすき?

  • 絵本
作・絵: 沢野 ひとし
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「みんななにがすき?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年2月20日
ISBN: 9784834017373

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

 ある日、ウリボウがいいました。「ウサギさんは、なにがすき?」「うたをうたうこと!」ウサギさんが答えます。それからウサギさんがききました。「じゃあ、タヌキさんは、なにがすき?」タヌキさんは、木の実をぜーんぶひとりで食べるのがすきなんですって。カモノハシさんも、ワニさんも、みーんなすきなことを教えたのに、ライオンさんは、「そんなだいじなこと、教えない」っていって、教えてくれません。でも、バッタさんがきいたら……ああ、楽しかった!
 読み終わったら、お子さんにきいてみてください。「きみは、なにがすき?」そして、ちょっと立ち止まって、考えてみてください。「わたしがすきなものは?」って。

ベストレビュー

この動物は、何が好きなの?

 ウリボウがウサギに、そしてタヌキ、カモノハシ、ワニなどに何が好きか聞いていきます。それぞれ、好きな物を教えてくれるのに、ライオンさんは、すんなりと教えてくれませんでした。
 でも、「おしりごっつんこ」が好きだと分かると、みんなでやってみました。その楽しい事・・・。みんな、時間の過ぎるのも忘れ楽しく遊びました。
 それぞれの、動物の好きな事がかわいく描かれていて面白かったです。
(ママちゃんさん 20代・ママ 男の子4歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


沢野 ひとしさんのその他の作品

だんごむしのダディダンダン / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(28) しいちゃん / カワウソがいる



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

みんななにがすき?

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット