もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
こぶたほいくえん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こぶたほいくえん

  • 絵本
作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年03月
ISBN: 9784834017397

読んであげるなら・2才から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

牧場に花が咲き、ミツバチがぶんぶん飛んでいるとき、3匹のこぶた、まきお、はなこ、ぶんたが生まれました。3匹は毎日いたずらばかりするので、見かねたお父さんとお母さんは、相談して3匹をこぶたほいくえんに入園させることにしました。3匹がお母さんに連れられて保育園に行ってみると、こぶたがいっぱいいて3匹はびっくり。あいさつをすませた後、みんなで体操しますが、3匹は牧場の方を見てばかり。ところが、かけっこをすると、3匹のこぶたの早いこと早いこと。ポプラの木をまわっていちばん先に戻ってくると、みんなが休んでいるのを尻目にもうひと走り。お母さんが迎えに来るころには3匹はこぶたほいくえんが大好きになっていました。まきおとはなことぶんたは、かけっこをしながら牧場まで帰りました。

こぶたほいくえん

ベストレビュー

保育園のワンシーン♪

大好きな中川さん、山脇さん姉妹の作品

久し振りに見つけて
あれ?もしかして感想書いてないかも・・・

保育園に途中入園の子って
まったくこんな感じです(^^ゞ
知らない間にお母さんがいなくなって
泣いたり
かと思うと
自分の興味のあるものに
ふっとんで行ったり(^^ゞ

そうそう
先生よりお友達に助けられるんだよね

かけっこの部分にも
そういうところが
チラッと見えますよね

保育園の生活のほんのひとこまですが
本当に上手です!

親の方も不安にならずに
安心して、預けられますよ
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 李枝子さんのその他の作品

ママ、もっと自信をもって / みかん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 9> / いちくん にいくん さんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 1> / うさぎのにんじん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 5> / 子どもはみんな問題児。 / てんじつきさわるえほん ぐりとぐら

山脇 百合子さんのその他の作品

はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに / ねこどけい / 狐物語 / 角川つばさ文庫 25の小さなおはなし / 木いちごの王さま / 完 子どもへのまなざし



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

こぶたほいくえん

みんなの声(71人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 67人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット