宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
本朝奇談(にほんふしぎばなし)天狗童子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

本朝奇談(にほんふしぎばなし)天狗童子

  • 児童書
作: 佐藤 さとる
絵: 村上 豊
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年05月
ISBN: 9784251098375

小学校高学年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

九郎丸というカラス天狗の数奇な運命が、細やかな筆致で描かれ、不思議な展開に息をのむ、壮大な歴史ファンタジー。ファン待望の新作。

ベストレビュー

佐藤さとるさん久しぶりの長編ファンタジー

ごめんなさい、絵本ではないのです。しかも長編の児童文学なのです。
でも、『だれもしらない小さな国』の感想を載せている方が何人かいらっしゃって、佐藤さとるさんのファンタジーの大ファンの方も多いようなので、是非紹介したくて書くことにしました。
私の姉が『だれもしらない小さな国』の大ファンで、若菜珪さん挿絵の初版本を宝物にしているのですが、私はそれほどのめり込んだ方ではありませんでした。
ただ久しぶりの長編だからということで、この本を借りてみたのですが、読み始めたらもう止まらなくなりました。
そんなに派手な内容ではなく、むしろ地味で静かな滑り出しなのですが、なんというか、ぐいぐい引き込まれていくのです。
作者の筆力の素晴らしさを改めて痛感しました。
天狗や実在する歴史上の人物やいろいろな登場人物が入り乱れて、程よい緊張を保った日本のファンタジーです。
悪人も出てきませんし、ハラハラドキドキの場面も特にありません。
けれど、大天狗様の堂々とした様子を筆頭に、位の高い天狗たちの品格の素晴らしさや、物語を動かす山番の与平じいさんたち一般の人々の人の良さなど、忘れていた日本人の良さが感じられます。
後半、物語が走りすぎて尻切れトンボになるところも見られますが、最後まで一気に読み切らせてしまう力強さを持った本です。
小学校高学年くらいなら自分でも十分に楽しめます。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐藤 さとるさんのその他の作品

かぜにもらったゆめ / コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / 新イラスト版 コロボックル物語 だれも知らない小さな国 / えんぴつ太郎のぼうけん

村上 豊さんのその他の作品

ちからたろう / 日本民話 あたまに かきのき / ゆらゆら橋からおんみょうじ / 本朝奇談天狗童子 / 今昔物語 / ぶっかけろジャネット!



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

本朝奇談(にほんふしぎばなし)天狗童子

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット