しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
申の山
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

申の山

作・絵: 川端誠
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「申の山」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

少し不気味ですが、奥深い話だと思います

少し不気味かもしないけど、奥深い絵本だと思いました。
物語の中にもう一つの話がある。読んでいると、自分も物語の中の行商人になって話をきいているような気になりました。
誰もが親切で明るい村。行く先々でその地の昔話を集めている若者は、村人に案内してもらいある古老の家で宿を借り、様々な話を聞くことになります…。
最後の話が、この絵本のテーマ。
それは、いつも村人から馬鹿にされていた馬鹿正直な若者が、火山の噴火から村を守るという話。話の中の村人は昼間あった村人とはまるで正反対。
いやな話だと思いました。
村人たちは、自分達が馬鹿にして嫌がらせをしていた若者に救われ、今は明るく生活を続けている。どちらが本当の村人なんだろう。「さる」と馬鹿にしていた若者の犠牲をどう考えているのだろう。
同じ人間達の表と裏がこの絵本に出ているように思います。暗い過去に支えられて明るい現在がある。
実はこれが現実なんだと思います。川端さんは行商人にそれを伝えさせたかったのでしょうか。
息子はどう思ったかはよく分かりません。奥さんは「嫌な話だね」と言いました。
自分もそう思ったのですが、高学年の児童に読んであげて、子どもが成長していく過程でこの絵本の「不気味な部分が、実は重要な事なんだ」と感じてくれれば良いのかなと思っています。
嫌な話ではありますが、とても良い本です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

出版社おすすめ


川端 誠さんのその他の作品

野菜忍列伝其の五 風雲しょうが丸 / 風来坊の子守歌 / 十二支のどうぶつ小噺 / おはなしばあさんと風来坊 / 槍ケ岳山頂 / 川端誠落語絵本セット(全15巻)



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

申の山

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット