おおきくなったらきみはなんになる? おおきくなったらきみはなんになる?
文: 藤本 ともひこ 絵: 村上 康成  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ぼくのペットはドラゴン?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのペットはドラゴン?

作・絵: 中村 景児
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくのペットはドラゴン?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784265034840

幼児から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある日突然、冷凍庫を開けたら、中におかしなモノが入っていた。氷の中に固まっていたのはドラゴンだった。ぼくはドラゴンと共に不思議な世界に飛びこむことに・・・

ベストレビュー

アイスクリーム

ドランがアイスクリームにつられてナッくんのペットになったのも一つの要因なのかなあって思うのは私だけでしょうか?やっぱりドランじゃあなくてもアイスくリームは美味しいから季節を問わずに食べたいと思いました。活発なノイジー姫の思いやり優しさで、ナッくんのペットになれてよかったと思いました。条件つきですが、ノイジー姫もドランに会いたいだろうなあって思いました。ドランに幸せな姿、無事なことが確認出来たからノイジー姫もよかったと思いました。ナッくんは、ドランがペットじゃあなく親友だと思いました。一緒に遊べる友達がいるって幸せだと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中村 景児さんのその他の作品

おしごとのおはなし パティシエ 父さんはドラゴン・パティシエ / おおきなキャベツ / ぼくは、いつでもぼくだった。 / がんばれ!ねずみのおてつだい / ピーマンマンはげんきのみかた! / ピーマンマンの いただきますって いえるかな



『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

ぼくのペットはドラゴン?

みんなの声(5人)

絵本の評価(3




全ページためしよみ
年齢別絵本セット