もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
アフガニスタン 山の学校の子どもたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アフガニスタン 山の学校の子どもたち

  • 絵本
作: 長倉洋海
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年08月
ISBN: 9784030164406

小学中級から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

26年間アフガニスタンを撮り続けてきた著者が出会った山岳地帯の学校。戦争を経て今、いきいきと学ぶ子供たちの表情を捉えます。

ベストレビュー

アフガンの子どもたちに未来を

アフガニスタンの山奥にある学校の風景を写した写真絵本です。
小学校と中学校1年生にあたる子どもたちが学んでいます。
子どもたちの目はとても澄んでいます。
この写真の背景を知ると、そんな日常がとても貴重に感じられます。
長い戦争の間閉鎖されていた学校です。
多くの家族が犠牲になってしまいました。
設備も整っていません。
そんな場所で、子どもたちは遠くの集落から勉強しに山道を通ってくるのです。
大自然の中の学校。
この写真絵本の中に戦争は出てきません。
子どもたちにスポットをあて、子どもたちの見つめる未来を映し出そうとしているようです。
終わりの長めの解説を読んでから、もう一度絵本を読み直すと、さっきよりずしんと感じるものがありました。
この写真の光景は、日本からの支援で成り立っているのです。
本が出されてから5年が過ぎています。
この絵本に登場する子どもたちの成長と、山の学校の整備が進んでいることを祈ります。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長倉 洋海さんのその他の作品

いのる / 世界は広く、美しい 地球をつなぐ色<黄> / 世界は広く、美しい 地球をつなぐ色<黒> / 世界は広く、美しい 地球をつなぐ色<青> / 世界のともだち(13) メキシコ 織物の町の少女 リセット / 小さなかがやき



主人公「ドーム」が自分のことばで語り伝える物語絵本

アフガニスタン 山の学校の子どもたち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット