貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
とおいクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とおいクリスマス

  • 絵本
作・絵: えびな みつる
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,553 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「とおいクリスマス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

宇宙からのメリークリスマス

クリスマスイブの夜。
バス停にお父さんを迎えに来た男の子。
手をつないで一緒に家まで帰る。
アップで描かれた、親子の手のぬくもりがこちらまで、
伝わるような絵で、温かい家族なんだろうなと思いました。

そして、家の灯が、あたたかく、もれている挿絵。
玄関に走って出迎えている人影。
これは、お母さんだね。
あれ?ではなくて、お兄ちゃん!?

あれあれっと突然、違和感を感じ始めてしまいます。
お母さんはどこ?テーブルの上に写真があるけど・・・
4歳の娘は、「お母さん死んじゃったの?」と心配そう。

でも、心配ご無用。
ちゃんと、子供達は、お母さんと電話で「メリークリスマス!」とお話する事が出来ました。
さて、お母さんが今居る所は?

とおーいとおーい場所からのクリスマスだけど、
お母さんの隣には、家族の写真が、置かれていて、
心は繋がっているのだね。

この展開のダイナミックさに、8歳の息子は、喜んでおりました。
私も、宇宙からのメリークリスマスは面白いし、夢があるなぁと思いました。
未来には、そんな事もあるかもしれませんね。
(ぽた子さん 30代・ママ 男の子8歳、女の子4歳)

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

えびな みつるさんのその他の作品

星空のかがく / 太陽のかがく / 月のかがく / すぐにさがせる!光る星座図鑑 / ほしにむすばれて / 星空へようこそ



「きむらゆういち先生ミニトーク付おはなし会イベント」レポート

とおいクリスマス

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット