あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
シンドバッドのさいごの航海
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シンドバッドのさいごの航海

作・絵: ルドミラ・ゼーマン
訳: 脇 明子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

「シンドバッドのさいごの航海」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784001108651

小学3.4年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

世界中のどんな宝よりも大切なものを見つけたシンドバッド.船乗りシンドバッドが語る航海の物語は,いよいよクライマックスに−.ペルシャの細密画やじゅうたんを調査し,緻密でユーモラスに描かれた千一夜絵本『シンドバッドの冒険』『シンドバッドと怪物の島』に続く完結編.

ベストレビュー

ようやく完結

シンドバッドの冒険3冊シリーズ。
我が家でようやく完結しました。ドキドキワクワクの冒険の連続。
「川口博の探検隊」(ちょっと古いですが・・)にも似た
奇想天外の物語に息子はいつも大興奮。
シンドバッドは海を巡り、異国の地へ何度もたどりつくのですが、
その度に「ここはきっと中国だよ」「インドあたりかなあ」と
国の特徴を表す挿絵に想像をめぐらせていました。
何度も危険を冒し、宝石など莫大な富を得たシンドバッド。
しかしながら、本当に得た富は「愛」であり「家族」であったのです。
今回の物語はシンドバッドと妻ファティマの出会いです。
もちろん、危険な冒険も健在です。
シンドバッドを窮地から救う助っ人も登場し、前作より安心して楽しめました。
(ポポロさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルドミラ・ゼーマンさんのその他の作品

シンドバッドの冒険 / シンドバッドと怪物の島 / ギルガメシュ王 さいごの旅 / ギルガメシュ王ものがたり 全3冊セット / ギルガメシュ王のたたかい / ギルガメシュ王ものがたり

脇 明子さんのその他の作品

岩波少年文庫 北風のうしろの国(上) / 岩波少年文庫 北風のうしろの国(下) / 蛙となれよ冷し瓜 一茶の人生と俳句 / 読む力が未来をひらく / ノウサギとハリネズミ / 岩波少年文庫 小公女



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

シンドバッドのさいごの航海

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット