庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
名なしのこねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

名なしのこねこ

作・絵: とりごえ まり
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「名なしのこねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年10月
ISBN: 9784752003489

みどころ

 猫好きの同僚が、ある日うれしそうに写真を見せてくれたのです。「この子を飼い始めたの。」写っているのは片方の目がつぶれてしまっている小さな可愛い子猫。
最近愛猫を亡くしてしまい落ち込んでいた彼女。何でも一目見た瞬間から私が飼わなきゃ、と思ってしまったそうです。
 きっと猫好きの人にしか解らない何かを感じているのだろうなぁ、そう思っていた矢先。二人の目に飛び込んできた新刊絵本の表紙がこれだったのです!片目の開かない子猫がこちらをじっと見つめています。「あー。。。」とすっかり魅入っている彼女をよそに、読んでみると・・・。

 絵本作家のとりごえまりさんが実際にこの子猫に出会い家族の一員となるまでのお話でした。印象的だったのは、出会いのエピソード。ご主人が、公園で見かけたがりがりにやせた子猫の話をちらりと作者に話すと、それから毎日毎日その子猫の事が気になってしまい、ついには探しに出かけるのです。
 この時の彼女の心の動きを読んでいるだけで「猫好きの人にしか解らない何か」というのが全てが伝わってきました。小さな者を愛しむ気持、放っておけないと自然と体が動いてしまう行動力。可愛い可哀想だけではなく、その子の将来や病気の事や他のペットの事までしっかり考えられる冷静さ。もう理屈ではなく、体が反応してしまうのですね。
 淡々と進む素朴なストーリーですが、小さな命の尊さを強く訴えかけらる絵本となっています。そして絵本作家としてのとりごえまりさんの基本的な姿勢を感じられる、とても純粋で心に残る絵本だと思います。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

ある日公園で出会った、やせ細ったこねこ。餌も食べず、弱りきっているこねこを心配したわたしは、こねこを病院につれていきますが…。のらねこと出会い、家族の一員として一緒に暮らすようになるまでの、さまざまな悩みや不安、喜びを描いたお話。

ベストレビュー

命のたいせつさ。

この物語は、絵本作家・とりごえまりさんが実際に子ねこと出会い、
家族の一員となるまでのおはなしです。

かわいい。かわいそう。・・・それだけではすまない。
こねこの将来まで考えることが出来る人だけが、
生き物を飼う資格があるのだと、痛感させられました。

たんたんとしたストーリーに、ごまかしがない。
悩みや不安、喜びまでもストレートに表現されたこのおはなしは、
ひとつの小さな命のあり方を、私たちに問う。

命の大切さや最後までどう責任をもつのかを、
じっくりと教えてくれました。

おはなしの内容からと、ページの半分が文章なので、
小学中学年くらいからの1人読みにおススメします。
(多夢さん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


とりごえ まりさんのその他の作品

コトリちゃん / ぼくのへやのりすくん / ロバのポコとうさぎのポーリー / 新装版 ぱたぱたしかけ みにくいあひるのこ / とんとんとん / おうちピクニック



2つの写真のまちがいをさがそう

名なしのこねこ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57




全ページためしよみ
年齢別絵本セット