貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 がオープンしました♪
やさいのクリスマスおおさわぎ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やさいのクリスマスおおさわぎ

  • 絵本
作: さくら ともこ
絵: 米山 永一
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「やさいのクリスマスおおさわぎ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784569683546

3〜4歳から
B5判変型上製 24ページ

出版社からの紹介

やさいのおしろで、クリスマスのかざりつけがすすんでいます。やさいたちはみんなサンタさんを心待ちにしています。ところが、やさいたちの中で、サンタさんを知っているのは、にんじんだいじんだけ。そこで、にんじんだいじんが、みんなにサンタさんの姿を説明します。「あかいぼうしに、あかいくつ。くろいながぐつはいている。しろいおひげのおじいさん…」

あかいぼうしに、あかいふくの人が、まどからチラリと見えました。みんなはサンタさんだとおおさわぎするのですが、ドアをあけてはいってきたのは、みどりのはっぱのあかかぶさんでした。つぎにあらわれたのは、あかピーマン。こんどこそはと3ばんめはいってきた人にだきつくと、それはケチャップさんだったので、みんなケチャップがついてまっかになってしまいました。

やさいたちがまちくたびれて、ねむりについたころ、サンタさんがやってきました……。

好評「やさい」シリーズの第5弾です。

ベストレビュー

クリスマス時期に

クリスマスが近いのと、3歳次女は食べ物のお話が大好きなので、この絵本を選びました。

野菜のお城のお話なのですが、いろんな野菜たちが出てきて楽しいです。次女と「これは?」「にんじんでのおじいちゃん」など、当てっこしながら読みました。明かりを消してサンタさんを待つ野菜たち。そこに現れたのは・・・。予想以外のお客さん。次女は真っ赤になった野菜たちに大笑いして喜んでいました。

眠ってしまった野菜たちの元に、無事サンタさんが来て次女は「良かったねー」と安心していました。この季節に是非読んでみてください。
(きーちゃんママさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

さくら ともこさんのその他の作品

さあ!おかたづけ / おなまえいえるかな? / おふろだいすき! / みんなでやろう ジャックとまめのき / おひさまぱんころりん / ピーマンマンはげんきのみかた!

米山 永一さんのその他の作品

やさいのはっぴょうかい おおさわぎ / やさいのえんそくおおさわぎ / ノッポさんのえほん(1) はしれ こうま / どろんこだいすきモクモクだい! / おもちゃのほしの ぱぴぷぺぽい / おじいさんのふしぎないす



あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

やさいのクリスマスおおさわぎ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット