ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
こうしはそりにのって
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こうしはそりにのって

  • 絵本
作: アストリッド・リンドグレーン
絵: マーリット・テーンクヴィスト
訳: 今井冬美
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「こうしはそりにのって」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

クリスマス間近のある日、貧しい農家の男の子ヨハンのめ牛が死んでしまいました。家にたった一頭しかいない牛がしんでしまうなんて、世の中は不公平だとヨハンは神さまに腹を立てますが…。やさしさあふれるお話です。

ベストレビュー

晴れやかであってほしい

絵本ですが、文章が長いです。貧しい家の子・ヨハン。ヨハンの家のめうしが死んでしまいます。「この世界には、こうへいなことなんか、ひとつもないんだ」という言葉が切なかったです。

確かにそう思える時があります。前半の少し暗いトーンとは逆に、最後の展開には、良かったと思えるものがありました。

クリスマスを迎える子どもたちの心は晴れやかであってほしいものです。最初はあまり聞いていなかった息子ですが、子牛が出てくるあたりから興味を示していました。こんな嬉しいサプライズならあってほしいものです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。

アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 暴力は絶対だめ! / ピッピ、お買い物にいく / リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡

マーリット・テーンクヴィストさんのその他の作品

だいすき そんなきもちをつたえてくれることば / おうしのアダムがおこりだすと



『ななちゃんのおかたづけ』書店員さんに話を聞きました

こうしはそりにのって

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット