貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
キッパーのゆきだるま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

キッパーのゆきだるま

  • 絵本
作・絵: ミック・インクペン
訳: 角野 栄子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,260 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「キッパーのゆきだるま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

キッパーはともだちをさそって雪合戦をしたり、雪だるまを作ったり…。でも、ともだちは寒がりやさんなんだって。何して遊ぼうかな?

ベストレビュー

楽しく遊んだ気持ちになれた一冊

3歳の娘と読みました。

雪が降り積もってとっても嬉しい犬のキッパーと、
お友達のチッチー。

キッパーが絵本の中でやっていた自分の体のあなぽこは、
”スノーエンジェル”と言って、
雪の中で倒れて手足をバタバタさせて、そーっと起き上がると、
天使の形になってるんだよ、こんど雪がたくさんつもったら、
一緒にやってみようね。

そんな話しをしながら一緒に読みました。

チッチーがごろごろと倒れていったときは、
ヤバイ!と親子で思ったものの、
楽しかったようでホッ!

そして、雪だるまがとけちゃう!と思ったときも、
次の日も溶けずに残っていて、ホッ!

最後に溶けてしまったときは後に残された帽子やマフラーが
ちょっと寂しげだったけど、
3週間も頑張ったなら、もう、いいよね。

いっしょに雪あそびをしているような気持ちになれる一冊でした。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

ミック・インクペンさんのその他の作品

ふっくらクマさん / キッパーところころハムスター / キッパーとおおきなたまご / プールがぷしゅー / ちょうちょ / くまのこちゃん

角野 栄子さんのその他の作品

さあ、なげますよ / おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん / 靴屋のタスケさん / キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 / 『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ / シンデレラ



クリスマス準備をお手伝い☆光るページつきの絵本!

キッパーのゆきだるま

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット