宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ゆきむすめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきむすめ

  • 絵本
作: 今江 祥智
絵: 赤羽 末吉
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

雪国に残る雪の精・雪女の伝説に材を得て、雪娘と若者の悲しく美しい愛の物語を、透明感あふれる文と絵で描いた創作民話絵本。

ベストレビュー

心優しい雪女

「ゆきむすめ」という題ですが、日本の民話の1つ「雪女」のお話です。
雪女のお話は、知っているようで、その結末がいまいち思い出せないお話の1つでした。
大御所の今江さんに、赤羽さんが挿絵ということで、こちらの絵本を読んでみました。

雪女のお話ってもっと怖い、
雪女=悪といった固定観念があったのですが、
こちらのお話は、ツルの恩返しに似ているなあと思いました。
(助けられたとかいうわけではないのですが・・・雰囲気的に。)

雪女は恐ろしものもいるけど、心優しい雪女もいる。
人間と一緒なんだなあ・・・とそんなことを感じちゃいました。

何よりも村の男どもを凍らせてしまうから、村の女どもが怒って雪女退治にむかうなど、
○○されたから○○する、とまるでいじめの原理みたいとも感じちゃいました。

だからといって教訓っぽくないのが、昔話の良さかなと思います。

もう少しほかの雪女のお話も読んでみたい。
そんな気になる絵本でした。
(Sayaka♪さん 20代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    雪が降るとだれもがくちずさむあの歌が、はたこうしろうさんのイラストで絵本になりました。

今江 祥智さんのその他の作品

あのこ / 子どもの本の海で泳いで / ごきげんなライオン すてきなたからもの / 優しさごっこ / ぼんぼん / ごきげんなライオン ともだちはくまくん

赤羽 末吉さんのその他の作品

シカの童女 / 黄金りゅうと天女 / ほうまんの池のカッパ / へそとり ごろべえ / ひょうたんめん / さるとかに



ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

ゆきむすめ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット