ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
雪原の勇者
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

雪原の勇者

  • 絵本
作: リーザ・ルンガーラーセン
絵: メアリー・アゼアリアン
訳: 千葉 茂樹
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「雪原の勇者」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

13世紀初め、極寒のノルウェーで、ひとりの赤ん坊がビルケバイネルとよばれる勇敢な兵士たちにまもられて、高い山を越えようとしていた。この赤ん坊こそ、亡き王の忘れがたみであり、自分たちに都合のいい王をほしがる貴族や聖職者に命をねらわれている王子であった。はげしい吹雪の中、王子を胸に抱き、スキーを身につけたビルケバイネル。命をかけたスキーレースがはじまった……。はたして王子は助かるのだろうか? そして、真の王となったのは?白樺の皮をすねにまきつけただけでいくさへ向かった貧しい兵士たち、ビルケバイネルと、ホーコン王子の物語。中世ノルウェーを思わせる装飾と木版画のイラストが美しい絵本。

ベストレビュー

母は強し

クロスカントリーの由来がわかりました。

ホーコン王子を守るために尽力した人々の勇気と、王子を守るために苦難に耐えたインガ王妃には「母は強し」ということを感じました。

吹雪の中を幼い王子を救うために逃げる場面には、ドキドキしました。雪の中なので凍傷や遭難の危険があるし、王子がまだ赤ちゃんということもあって、王子は助かるのかと言う点がとても気になりました。

息子にはまだ難しいと思いつつも読んでみたのですが、幼い王子の救出劇ということはわかったようで、じっと絵を見ていました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


メアリー・アゼアリアンさんのその他の作品

ダーウィン / ヘレンのクリスマス / 夜明けまえから暗くなるまで / ブライディさんのシャベル / ジェリコの夏 / 雪の写真家 ベントレー

千葉 茂樹さんのその他の作品

甲虫のはなし / こうえん / どれがいちばんすき? / ジャック・ロンドン ショートセレクション世界が若かったころ / スピニー通りの秘密の絵 / シャクルトンの大漂流



『ぺぱぷんたす』祖父江慎さんインタビュー

雪原の勇者

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット