くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
にわとりママと はじめての たまご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にわとりママと はじめての たまご

作・絵: アンドレ・ダーハン
訳: きたやまようこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「にわとりママと はじめての たまご」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

かわいい わたしの たまごは ココ!
どんな いいコが うまれてくるかしら?

ベストレビュー

“はじめてママ”の力の入れようはすごい!

「ぼくの ともだち おつきさま」のアンドレ・ダーハンの作品で、邦訳はきたやまようこさんです。
表紙絵は華麗なジャンプを見せてくれている“はじめてママ”のめんどり。
物語の中では、大事なたまごを放り投げたり、持ったまた踊ったり、喜びすぎて大変な騒ぎです。
いわゆる胎教というやつも、すごい力の入れようで、見ていて笑ってしまいました。
最後はどうなるのかと思いきや、無事に生まれてホッとしました。

子どもたちは、自分が愛されて生まれてきたのだ。
両親は自分のことを愛してくれているんだ。と思いたいけれど、
始終確認しあっている親子って、あまりいませんよね〜。

自立心が芽生えて「自分で」を連発するような時期こそ、実はそういうことを言ってもらったり、ぎゅっと抱きしめてもらったりしたいんじゃないかな?って、子どもが大きくなってから改めて思ったりしています。
個人的には4,5歳くらいから小学校低学年くらいのお子さんたちに読んであげたいです。
特にお子さんから何か“不安”信号が出ているときなどに、私たちもこのにわとりママくらい、あなたのことが大好きよって気持ちを込めて読んであげてほしいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンドレ・ダーハンさんのその他の作品

おつきさまはいちねんせい / ミュージック・ツリー / メリークリスマス おつきさま / おつきさまと ちいさな くま / BOOKS POOKA まいごのしろくま / Eddy Bear なんてすてきな日

きたやまようこさんのその他の作品

ねんねのおとがきこえるよ / ここがすき / 1日1話絵本 うわさのようちえん / うみべのいえの犬 ホーマー / いぬうえくんとくまざわさん(6) くまざわくんがもらったちず / また あしたね



コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

にわとりママと はじめての たまご

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット