もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【予約受付中!】あのロビットの兄弟型サラウンド収納『ピコ』が新登場です!
バンダさんとゾウ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バンダさんとゾウ

作・絵: プンニャ・クマーリ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「バンダさんとゾウ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年02月

4才〜5才向き
こどものとも年中向き 2007年2月号

出版社からの紹介

ある晩、群れからはぐれたゾウがやってきて、家を壊し始めたので、バンダさんはびっくりしました。でも、ゾウが大好きなバンダさんは、そのゾウを家におき、根気よく世話をして、いっしょに働けるようにしつけました。ヤシの木を運んだり、道から落ちてしまったバスを押しもどしたり、とても役に立ち、ゾウはバンダさんの家族にとって、かけがえのない存在になりました。実話をもとにしたお話です。

ベストレビュー

人間と生きていくゾウのはなし スリランカ

群れから放れたゾウは もうゾウの群れに戻れないんですね

私はタイのホーチミンでゾウに乗らせてもらったことがあります
大きなゾウの上に乗るとすごく高いのを思い出します

ゾウ使いのバンダさんのところへやって来たゾウは にんげんといっしょにくらしていく事になりました
いろんな げいを教えられて  バスが倒れているのを助けてあげたり 活躍していますね
スリランカではゾウたちと楽しいお祭りを楽しんでいます
ゾウにとったら どちらが 幸せな生き方なんでしょうね

もちろん 人間はゾウをつかまえて 動物園に連れてきたりしますが・・・・
野生のゾウたちも生きていくのは天敵がいて大変なのでしょうが・・・・
そんなことを考えてしまいました
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

出版社おすすめ


プンニャ・クマーリさんのその他の作品

うでわうり スリランカの昔話より



2016年に発売された絵本で好きな絵本は?

バンダさんとゾウ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット