もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ブレーメンのおんがくたい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ブレーメンのおんがくたい

作: グリム童話
絵: ハンス・フィッシャー
訳: 瀬田 貞二
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1964年4月15日
ISBN: 9784834000313

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ロバとイヌとネコとオンドリが町の楽隊にはいろうとそろって出かけますが、途中で日が暮れて、やっとたどりついたのはどろぼうの家でした……。のびやかに描かれたグリムの昔話絵本。

ベストレビュー

久しぶりに読んでも、やはり楽しかった

誰もが知っているグリム童話のお話し。私も子供の頃に読んでもらった絵本で、ハンス・フィッシャーの絵がとても懐かしく、今読んでもやはり子供と夢中になれます。
 人間からお払い箱になったろば、犬、猫、雄鶏が、ブレーメンで音楽をやろうと旅に出ます。途中で泥棒の家を見つけて、力を合わせて、泥棒たちを追い出します。
 子供の頃は、そこまで考えなかったけれど、これは自分達を追い出した人間に対する復讐でもあったのでしょうか。
 動物がたくさん出てくるし、色もとてもカラフルで絵を見ているだけでも楽しいです。
(はなしんさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリム童話さんのその他の作品

(デジタル)ラプンツェル / (デジタル)はくちょうのおうじ / (デジタル)しろばらとべにばら / (デジタル)かえるのおうさま / (デジタル)おいしいおかゆ / (デジタル)ねむりのもりのひめ

ハンス・フィッシャーさんのその他の作品

フィッシャーが描いたグリムの昔話 メルヘンビルダー / るんぷんぷん / こねこのぴっち / 長ぐつをはいたねこ / たんじょうび / 岩波の子どもの本 こねこのぴっち

瀬田 貞二さんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / おなかのかわ / ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

ブレーメンのおんがくたい

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 31人

ママの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット