にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
四丁目の「まさ」
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

四丁目の「まさ」

作: 玉川侑香
絵: 後藤栖子
出版社: 比良出版

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「四丁目の「まさ」」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

息子もヨメも孫も埋まったままやねん

「まさ」おばさんの独白が続きます。
震災の日、息子もヨメも孫も目の前で家の下敷きになり、
火の海になった光景。
壮絶な現実を前に、でもまささんは
「心配せんでも わて 死なしまへん」と言い切ります。
一面焼け野原になった長田区で、それでも四丁目の「まさ」と名乗るまささん。
この作品は最初は詩として作られ、
後に曲もついて震災のCDにも収められているとか。
でも絵本としても、十分メッセージが伝わってきます。
神戸弁で書かれてあるので、
私にはしっくりと読み聞かせできました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子13歳、男の子10歳)

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

玉川侑香さんのその他の作品

安っさん



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

四丁目の「まさ」

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット