くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
アンデルセンの絵本 はだかの王さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アンデルセンの絵本 はだかの王さま

  • 絵本
作: アンデルセン
絵: こみねゆら
訳: 角野 栄子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,650 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784097641018

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

裸で町を歩くはめになった王様のユーモア絵本

 新しい服が好きな王様は、ペテン師に「この美しい布は、おろか者には見えません」と言われて、裸で町の通りを歩くはめに…。「王様は裸だ!」という子どもの声が、大人たちの目を覚まさせたアンデルセンの名作絵本。

ベストレビュー

不思議な王さま

はだかの王さまは、誰もが知ってるお話ですが、今までに見た王さまとはかなり違う王さまです。
虚栄心はあるかも知れないけれど、理知的な感じの王さま。
アンダーウェアにもこだわりを見せる王さま。
裸を暴露させても、うろたえないプライドの高い王さま。
現代社会の逸話として、リメイクされた感があって新鮮な絵本でした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本

アンデルセンさんのその他の作品

すずのへいたいさん / はだかのおうさま / (デジタル)ナイチンゲール / にんぎょひめ / (デジタル)アルク監修英語版おやゆびひめ / (デジタル)マッチうりのしょうじょ

こみね ゆらさんのその他の作品

もりのちいさなしたてやさん / 若草物語 / もみの木のねがい / 人くい鬼 / しあわせなおうじ / 空とぶじゅうたん(1)

角野 栄子さんのその他の作品

わたしを わすれないで / おばけのアッチとくものパンやさん / さあ、なげますよ / わたしおべんきょうするの / おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん / 靴屋のタスケさん



『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

アンデルセンの絵本 はだかの王さま

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット