あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
マウイの五つの大てがら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マウイの五つの大てがら

ベストレビュー

昔話は、話の宝庫

ハワイ、オーストラリア、ニュージーランド、フィジーなど、今まであまり触れたことがない昔話に触れることができて、とてもおもしろかったです。

「マウイの五つのたから」の中には、五つの話があり、その中の一つにマウイが釣りあげたのがニュージーランドの北島ということで、息子と一緒に地図で見て「お魚の形してるね」と確かめてしまいました。

ラブストーリーあり、由来物あり、200ページもあるので読み応えもありました。

笑ってしまったのは「蚊をもらってきた酋長」でした。蚊が大嫌いな息子は「蚊なんかほしくない」と言っていました。

かけひきがあってもどこかのんびりとした雰囲気があるのは、南の島のせいでしょうか。

光吉夏弥さん訳の本を検索していったら、見つけた本なのですが、とても楽しく読めました。

昔話は、話の宝庫ですね。「鳴らない太鼓」では、お礼をすることを重んじる文化を感じました。

カヌーやさめの王様、魚、カメが出てくるのも南の島のお話らしいと思いました。

この本はシリーズらしいのですが、編集委員が瀬田貞二さんと光吉夏弥さんで他の本も読んでみたくなりました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ


チャールズ・キーピングさんのその他の作品

チャーリーとシャーロットときんいろのカナリア / まどのむこう / しあわせどおりのカナリヤ / ジョゼフのにわ

光吉 夏弥さんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / ねことバイオリン / ちびっこ大せんしゅ / うさぎがいっぱい / だんごをなくしたおばあさん / ぼくはめいたんてい(6) ゆきの中のふしぎなできごと(新装版)



ごっこ遊びで楽しくやりたいお仕事ができちゃう♪

マウイの五つの大てがら

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット