新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
マウイの五つの大てがら

マウイの五つの大てがら

作品情報

発行日: 1979年

ベストレビュー

昔話は、話の宝庫

ハワイ、オーストラリア、ニュージーランド、フィジーなど、今まであまり触れたことがない昔話に触れることができて、とてもおもしろかったです。

「マウイの五つのたから」の中には、五つの話があり、その中の一つにマウイが釣りあげたのがニュージーランドの北島ということで、息子と一緒に地図で見て「お魚の形してるね」と確かめてしまいました。

ラブストーリーあり、由来物あり、200ページもあるので読み応えもありました。

笑ってしまったのは「蚊をもらってきた酋長」でした。蚊が大嫌いな息子は「蚊なんかほしくない」と言っていました。

かけひきがあってもどこかのんびりとした雰囲気があるのは、南の島のせいでしょうか。

光吉夏弥さん訳の本を検索していったら、見つけた本なのですが、とても楽しく読めました。

昔話は、話の宝庫ですね。「鳴らない太鼓」では、お礼をすることを重んじる文化を感じました。

カヌーやさめの王様、魚、カメが出てくるのも南の島のお話らしいと思いました。

この本はシリーズらしいのですが、編集委員が瀬田貞二さんと光吉夏弥さんで他の本も読んでみたくなりました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

関連記事

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

マウイの五つの大てがら

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら