十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
うらしま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うらしま

作: 平岩弓枝
絵: 新井 勝利
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784265032853

小学校低学年から

出版社からの紹介

哀しくも美しい「うらしま」の物語を,一流の女流作家の独創的な文と大和絵風の絵によって,気品のある絵本にしています。

ベストレビュー

昔ながらの「うらしまたろう」

「うらしまたろう」ならば知っていると思っていたのですが、読んでみるととても奥の深さを感じさせられます。
これだけ数多く出されているお話もあまりないのではないのでしょうか。
お話にもバリエーションがあり、描き方にも作者の思いがあり、ファンタジーであったり、ラブストーリーであったり、メルヘンであったり、ヤングアダルト系だったり…。
艶っぽい乙姫様がいたリ、可愛い乙姫様がいたり…。
この絵本は平岩弓枝さんの文、新井勝利さんの絵は、格調のある文章と古風な絵で他の絵本と一線を画しています。
現代っ子にとっては少しとっつきにくいかもしれません。

他の『うらしまたろう』を読む人に質問。

うらしまたろうの家族構成は?
うらしまたろうは亀をどのように助けたでしょう?
うらしまたろうの助けた亀と、うらしまたろうを竜宮城に案内した亀の関係は?
竜宮城ではどのような生活をしたでしょうか?
竜宮城から故郷に戻った時、社会はどうなっていたでしょうか?

知ったつもりでいたら、読む本ごとになんだか違うのです。
「うらしまたろう」の歌とも違います。

うらしまたろうが古代から語り継がれて来ていたこと、各地の昔話として伝承されるうちに多様化していること、それだけ歴史の古いお話なのですね。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


平岩弓枝さんのその他の作品

21世紀版少年少女古典文学館(14) 太平記



ハッピーなおやすみのえほん!

うらしま

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット