あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
こだぬきの おねがい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こだぬきの おねがい

作: 山崎 陽子
絵: 篠崎 三朗
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「こだぬきの おねがい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

鉄砲名人の善造が捕まえたのは、狸の親子。母狸の願いで子狸は逃がしてやりましたが、その夜、子狸がやって来て…。手をあわせる子狸の姿にほろりとする昔話。

ベストレビュー

涙が出ます。

結構読み込む物語なのに、2歳の娘はこの本がお気に入りです。
おかあさんが、昔おじいさんから聞いた話を子どもに語るという設定ではじまります。
おかあさんだぬきが罠にかかって、こだぬきだけを逃がすのですが、こだぬきはかあさんだぬきを取り戻しに猟師のところに頼みに来ます。そのけなげな様子にうたれた猟師は、売り飛ばした商屋さんのところにかあさんだぬきをとりもどしにいきます。
娘は、どうも母子物が好きなようです。
いつも本を読むときは、絵を指差して何かいったり
お決まりの台詞やポーズをしたりと、わりとアクティブなほうなのですが、
この本だけは、じっと聞き入っています。
大人が読んでも切なくなるような内容なので
小さいながらも感じるのでしょうか。
(やこちんさん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

山崎 陽子さんのその他の作品

水たまりの王子さま / め牛のママ・ムー / だいすきな サンタさんへ / うさぎの ぴこぴこ / ぼくのはなさいたけど… / はりねずみのピックル

篠崎 三朗さんのその他の作品

ツバメのおんがえし / 戦争と平和のものがたり(4) ヒロシマの歌 / りんごの花がさいていた / 大久保利通 / TOKYOステーション・キッド / 世の中への扉 福島きぼう日記



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

こだぬきの おねがい

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット