バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
小さな小さな魔女ピッキ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小さな小さな魔女ピッキ

  • 絵本
作: トーン・テレヘン
絵: マリット・テルンクヴィスト
訳: 長山さき
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「小さな小さな魔女ピッキ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年12月
ISBN: 9784198622756

5歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

オランダ金の絵筆賞受賞 目に見えないほど小さな魔女ピッキは、自分の力を確かめるために、小さな小さなほうきに乗って飛び立ちました。やがて、人々を苦しめる悪い王様と対決することに…。オランダで様々な賞を受けている作家テレヘンの物語に、人気画家が美しい絵を添えた、珠玉の大型絵本。

ベストレビュー

姿の見えない魔女

小さすぎて姿の見えない魔女のピッキ。
絵本でもまったくその姿を描かれていません。

これは、作者がピッキを人間の本質として書いているのだと思います。
ピッキは、冷酷な面もあり、正義感もあります。
人間の心はやはり両方を持っているからです。

ピッキが正義の道を行く時、人間の心の変化を描いています。
平和を掴み取ろうとした時、人間は自分の心の魔女の存在に気が付いたのだと思います。
もう決して魔女に操られない強さを感じます。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子14歳、男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

マリット・テルンクヴィストさんのその他の作品

おねえちゃんにあった夜 / 赤い鳥の国へ / 夕あかりの国



きりぬき人形で立体的に再現☆メリーゴーラウンド型しかけ絵本

小さな小さな魔女ピッキ

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8




全ページためしよみ
年齢別絵本セット