ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
てんにんのはごろも
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てんにんのはごろも

作: 堀尾青史
絵: 朝倉 摂
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784265032907

小学校低学年から

出版社からの紹介

てんにんのはごろも伝説を,淡く,くすんだ色あいで描いた絵本。想像がふくらみ,夢の世界へ誘ってくれる,心あたたまる絵本です。

ベストレビュー

人間味のある羽衣伝説

昔話のいろいろな要素とアレンジを感じる物語です。
天女が、そうすけが釣りをしている池で水浴び?
なんとも天真爛漫な天女ですが、羽衣を取られた天女の行動がなんだか、「鶴の恩返し」のような「絵姿あねさま」のような…、天人というよりももう少俗っ気を感じさせてくれました。
そうすけが巻き上げられた羽衣を取り返すために、天女はそうすけの家出機を織り、素晴らしい布を織り上げて、羽衣のあるお城に乗り込みます。
なんだかそうすけと夫婦のようなのが不思議です。
羽衣を取り返した天女がそうすけに別れを告げます。
「もういいって。さようなら」
この一言に天女と宗助の関係を感じた私です。
なんだか、良いですよ。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

堀尾青史さんのその他の作品

西鶴諸国ばなし  / かもとりごんべえ / 紙芝居 ジャックとまめのき / 紙芝居 こぐまのこぐちゃん / 紙芝居 こねこのしろちゃん / 紙芝居 てぶくろ

朝倉 摂さんのその他の作品

たつのこたろう / この人を見よ 4 ハリエット・B・ストー / この人を見よ 5 アンリ・デュナン / この人を見よ 3 マリ・キュリー / この人を見よ 2 二宮金次郎 / ゆきむすめ



お気に入りのくだものはどれ?

てんにんのはごろも

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット