新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
赤牛モウサー

赤牛モウサー

  • 絵本
作・絵: 儀間 比呂志
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,388

「赤牛モウサー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1991年
ISBN: 9784265033317

出版社のおすすめ年齢:低学年〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

年とった牛をたすけた,村のわかものマチヤー。その赤牛,モウサーは,何とものをいう牛でした……。沖繩の民話を絵本化。

ベストレビュー

沖縄独特の伝承でしょうか

沖縄の山でおじいさんからもらった言葉。
お金と言葉が対等に考えられているところが不思議でした。
おじいさんにもらった言葉は「赤牛のからまったつなをはずせ」。
何かの暗示かと思ったら、その通りの展開でしたね。
絡まっていたのは、年老いて働けなくなった牛。
その牛は人間の言葉を話すし、闘牛の牛を倒すほどの力を発揮して、若者マチヤーを助けます。
でも、どうしてそれほどの力がでたのか、ちょっとわからない。
沖縄独特の民話なのでしょうか。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

関連記事

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

赤牛モウサー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら