あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
トムとピッポがほんをよむ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トムとピッポがほんをよむ

作・絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: 児島なおみ
出版社: リブロポート

本体価格: ¥800 +税

「トムとピッポがほんをよむ 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

ぼくはピッポのおとうさん?

『トムとピッポさんぽへおでかけ』という絵本を読んで、過去にシリーズで翻訳出版されていたことを知り、全部読んでみました。

新訳の『トムとピッポさんぽへおでかけ』では、トムは三人称で描かれていたのですが、こちらでは、「ぼく」になっています。

トムがお父さんに絵本を読んでもらい、お父さんに断られると、今度は自分がピッポに読んでやるという展開です。トムはお父さんに本を読んでもらうのだ大好きだから、大好きなピッポには自分が読んでやろうと思うのですね。相手はぬいぐるみですが、こんな風に愛情が育っていくのかなと、感じました。

息子は、『トムとピッポさんぽへおでかけ』は好きなのですが、こちらの絵本にはあまり興味を示しませんでした。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子2歳)

出版社おすすめ


ヘレン・オクセンバリーさんのその他の作品

英日CD付 英語絵本 きょうはみんなでくまがりだ We’re Going on a Bear Hunt / ジャック船長とちびっこかいぞく / 大きくなるってこんなこと! / そとごはん / うちのいぬ / ダンスをならう

児島 なおみさんのその他の作品

偕成社文庫 大おばさんの不思議なレシピ / バク夢姫のご学友  / 伝説の編集者ノードストロムの手紙 / うたうしじみ / アルファベット絵本 / 聖マグダレナ・ソフィア・バラ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

トムとピッポがほんをよむ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット