モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
おおはくちょうのそら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおはくちょうのそら

作・絵: 手島 圭三郎
出版社: リブリオ出版

本体価格: ¥1,700 +税

「おおはくちょうのそら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784897848754

出版社からの紹介

あるおおはくちょうの家族の物語。病気で空を飛ぶことのできない子どものため、北の国に帰る時期を遅らせていましたが、とうとう旅立ちの時が来てしまいました。とても悲しい物語ですが、美しい描写と表現はシリーズの中でも1,2をあらそう作品です。1988年、ニューヨークタイムズ紙選、世界の絵本ベストテンに選出されるという『きたきつねのゆめ』に続き快挙を達成した名作です。

ベストレビュー

木版画で自然の厳しさと家族愛を

春が近付くと、大白鳥が北海道の湖から生まれ故郷に帰ります。
でも暗くなっても出発できない、6羽の家族がありました。
子どもが病気で飛ぶことができないのです。
春になっても子どもの病気はよくならず、家族は旅立つことにしました。
病気の子どもを囲んで、親子はなき交わしました。
子どもはなきながら後を追いましたが、飛ぶことはできません。
そのとき・・・

作者の手島さんは版画家で、この作品の挿絵もすべて木版画です。
自然の厳しさと家族愛がひしひしと伝わってきて、涙が出ました。

子どもに死を教えるとき、是非読みたい1冊です。
(nikoniko**さん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


手島 圭三郎さんのその他の作品

くまげらのもり / ひぐまのあき / つきよのくろてん / きたきつねのゆめ / しまふくろうのみずうみ / おおはくちょうのそら



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

おおはくちょうのそら

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット